インテリアに最適な観葉植物

学生時代、初めての一人暮らしの際、部屋の中がとても殺風景でした。お洒落なインテリアを買う余裕も無く、考えついたのが植物を飾る事です。このくらいなら、そんなにお金もかからず出来ます。花屋に向かったのですが、花はわりとすぐ枯れてしまうし花粉も困り者です。そこで目についたのが、観葉植物でした。小さな鉢に可愛らしく植わっています。沢山種類のある中でも、育てやすく、人気のある観葉植物の定番、ポトスにしました。帰って早速窓際に置いたのですが、ただそれだけでお洒落な感じがして嬉しくなったのを覚えています。幸せな気持ちにさせる力があるような気がします。その時から、観葉植物にはまってしまい、色々な種類の物を育てました。本当に手がかからず、暖かい時期にはすくすく伸びて、5年たった今では自慢出来るインテリアに育ちました。

初心者が観葉植物を育てる場合

観葉植物とはいえ、生き物です。最近では、インテリアなどに使われて注目されていますが、なにも知らずに通販やホームセンターで買ってしまうのはおすすめしません。ある程度、知識をつけてから通販なら、購入後もアドバイスを貰えるようなやりとりが出来るお店を選びましょう。観葉植物を多く扱っている専門店などに行くと、より良いです。まずは、どこに置くか、どんな風に置くか、予め決めておきましょう。リビングの角に置く、吊すなど決めてから行く方が選びやすいです。育てたことのない方は、育てやすいものを購入し、店員さんの話や通販の注意書きをよく理解してから購入しましょう。せっかく選んだのに枯らせてしまっては意味がありません。熱帯植物が多い観葉植物は寒さに弱いので、耐寒性の強いものを選ぶのもポイントの一つです。それらを踏まえてインテリアや日常に取り入れ、楽しみましょう。

種から育てる観葉植物

観葉植物が欲しいなと思ったら、まずはお店で買い求めますよね。でも、自分で種から育ててみるのも面白そうです。果物とか買うと、種がありますよね。そういうものを育ててみるのもいいんじゃないでしょうか。ネットで見つけたのですが、アボカドの種を使うというのもありました。アボカドって大きな種がありますよね。それを発芽させて育てるそうです。育てるにはちょっとコツもいるようなので、調べてから育てるといいですね。また、道で拾ったドングリなどの種を育ててみるのもいいんじゃないでしょうか。考えてみると、草花ではなくて木などの植物の種ならば、なんでも観葉植物になるんじゃないでしょうか。あとは見た目が自分の好みにあっているかどうかですね。鉢植えにこってみたりすると、よりインテリア性が高まるのではないでしょうか。お金をかけずに楽しむにはいいでしょう。