部屋に観葉植物を置いてみました

部屋のインテリアや家具の配置がずっと同じ状態で段々その風景に飽きてきてしまったので、気分転換に出窓のスペ-スに観葉植物を置いてみる事にしました。日中はほぼ外出していて帰宅も夜になってしまうので、部屋が閉め切りになっている時間が多く暖かい季節には室内の気温はかなり高くなる部屋なのですが、そんな環境でも大丈夫そうなサボテンを選びました。観葉植物は花屋で買うものだと思っていましたが、今の時代は100円ショップにも売られているので驚きです。小さいサイズで置き場にも困らないので3個置いてみる事にしました。サボテンは日当たりのよい場所に置くのが良いとされているので、出窓のスペ-スはまさにうってつけの場所でした。水やりの頻度も10日に1度位でよいらしく、しかも冬期間はやる必要がないという事です。無精者の自分でもこれなら長く可愛がる事ができそうです。



育てやすい観葉植物を選ぶ



お部屋のインテリアとしてぴったりな観葉植物ですが、生きているものなので、育てやすい種類のものを選んだほうがいいでしょう。そうでないと、枯れてしまうかもしれません。水やりが少なくてすむものや、強い品種など、世話が簡単なものがいいですね。選ぶ時は見た目や大きさなどで選んでしまいがちです。でも、実際、水やりをしたり、日にあててあげたりと、手をかけてあげないといけないので、慎重にどういうものを選んだらいいのか事前に調べておいたほうがいいでしょう。本でもいいでしょうし、ネット上でも、室内で育てやすい植物が分かるようになっています。また、購入するまえにどういうお手入れが必要なのかとか、お手入れ方法を頭にいれておくといいかもしれませんね。特に、大きなサイズで高い値段のものを購入する予定ならば、長く楽しめるようにしっかり選んだほうがいいでしょう。



はじめての人におすすめする観葉植物



部屋に観葉植物を置きたいけれど、植物を育てたことが無い、という都会育ちの人でも簡単にはじめられる観葉植物で代表的なものには、ポトス、オリヅルラン、ガジュマルがあります。ポトスはツル性の植物で、小さな鉢から大きな鉢まで様々な大きさを楽しむことが出来ます。葉っぱは班入りで乾燥に強いのが特徴です。水をやりすぎると根腐れを起こす危険性があり少々寒さに弱い面もあります。オリヅルランは、根が良く張り日陰や寒さにも強く丈夫で、外で冬を越すことも出来ます。葉っぱには班が入り緑と白の色彩が鮮やかです。ガジュマルは幸福を運ぶ木としても知られています。力強い気根の風貌が魅力です。日陰にも強く5℃くらいなら冬越し可能ですが水のやりすぎには注意が必要です。いずれもあまり手のかからないものなので、初めて観葉植物を育てる人にはおすすめです。

観葉植物を飾れば、殺風景な部屋も素敵に! 植物のプロが常駐していますので安心です。 植物の管理に適した温暖な三重県です。高速道路のインターにも近くお越しの際も便利です。 エバーフレッシュはシンプルで都会的なインテリアとの相性抜群! インテリア性の高い観葉植物をお手頃価格でご提供。 植物には心身の調子を補い身体の健康を整える効果も期待できます。 観葉植物の通販ならインテリアプランツへ